読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bekkou68の日記

開発しているサービス, IT技術, 英語など。

TOEIC で 840 点を取得するまでにやったこと

f:id:bekkou68:20151216010032j:plain

はじめに

11 月 15 日に開催された TOEIC で 840 点を取得しました。840 点は国家試験である通訳案内士の筆記試験がちょうど免除されるスコアです。スコアの内訳はリスニング 450 点、リーディング 390 点でした。自己ベストが 755 点だったので 85 点の更新です。TOEIC を受験したのは六年ぶりでした。この記事では 840 点を取得するまでのいきさつをふりかえります。

六年間の英語

六年前に 755 点を取得した当時は大学四年生でした。大学を卒業したあとはプログラマーとして仕事をするようになりました。プログラマーを六年やっている間は、次のようなシーンで英語を使いました。

などなど。英語をつかう機会があったら飛びつくことを心がけてすごしてきました。挑戦してみると、うまくいくこととうまくいかないことがあります。うまくいけば嬉しいし自信につながります。うまくいかないと課題がわかるしくやしいからもっとうまくなりたいと思います。課題がわかると学習する気になります。そのように実践と座学を繰り返しました。

なお試験勉強は好きではないので、六年間、一切やりませんでした。

なぜ六年ぶりに TOEIC を受けようと思ったか

受けようと思ったモチベーションは次のとおりです。

  • 英語学習者のためのサービスを運営しているのだから 800 点は取りたい
  • インプット系のスキル、特にリスニングを鍛えたい
  • 六年間測定していなかったので試してみたい

どのように試験勉強をしたか

長らく TOEIC を受験していなかったので問題形式を覚えていませんでした。ですので公式の模試を受けてみようと考えました。新しい模試のほうが今の問題ないように近いと考え最新の公式問題集の Vol.6 を買いました。ちなみに来年の5月に TOEIC の問題形式が変わるそうです。受験当日の10日前のアナウンスだったのでタイミングに驚きました 笑

ひとまず何も勉強せずに一回目の模試を受けてみました。結果は 620 〜 800 点でした。TOEIC の公式模試を見ていただけるとわかるのですが、模試の結果は範囲で掲載されています。実際の試験のスコアは複雑な計算をされて算出されるらしいですね。さて。一度模試を受けてだいたいの雰囲気をつかめました。ここですぐに二回目の模試は受けません。模試を受けただけでは測定しただけなので学びがありません。学ぶために座学をします。座学は一回目の模試を徹底的に復習します。

復習は、間違えた問題を優先的につぶします。それが効率がよいと考えています。採点時に間違えた問題にチェックを付けます。次にセクション別に解説します。

リスニングセクション

間違えた問題の発話を聞きます。聞けなかった部分にはマークをつけます。マークは二種類を使い分けました。知っている英単語だけど聞き取れなかった場合は Listening の "L" マーク、そもそも知らない英単語は Reading の "R" マークをつけました。マークをつけたら徹底的に倒します。聞き取れない部分は何度も聞いたり、知らない英単語は辞書で調べたり、シャドーイングやディクテーションをやったりします。間違えた問題が終わったら、間違えなかった問題についてもやります。最終的に全体をとおして 95 %ほど聞き取れる状態にしあげました。

リーディングセッション

間違えた問題にはマークを付けます。知らない英単語や知らない表現があった場合にマークを付けます。間違えた問題の設問や本文を読みなおし、なぜ間違えたのかを解消します。複雑な英単語は語源で学ぶことをおすすめします。外国人は漢字を部首で学ぶことがあるそうですが、語源で学ぶことはその英語版です。そして文法を学ぶなら大西 泰斗さんの『一億人の英文法』がおすすめです。この本を読んでいたので、模試の解説で十分理解できました。長文は早く正確に読む必要があるので、それを意識して読みます。正確に読むことと早く読むことをそれぞれやってみてバランスを考えます。

それぞれのセクションのしあげ

忘却曲線のとおり、復習して数日たつと、人は忘れてしまいます。ですので数日たったらマークした問題をもう一度解きます。もしまた間違えたら二段階マークします。その数日後、二段階にマークした問題を解きます。不安が残らない程度にそのサイクルを繰り返します。

二度目の模試を受ける

十分に復習が終わったと感じたので二度目の模試を受けました。結果は 715 〜 880 点でした。800点が見えてきました。二度目の模試についても上記の復習のプロセスを繰り返しました。

当日に向けて

苦手な問題をすぐにふりかえられるようにリストをつくりました。苦手の度合い順に英単語や熟語や文法を並べました。試験を受ける数日前や当日はそのリストを復習しました。

今回の受験に向けて学習した時間は正確に数えていませんが、50 時間ほどだと思います。模試に 2 時間、採点に 30 分、一回の模試につき復習を 25 時間ほどだったように思います。

TOEIC の勉強をしてよかったこと

よかったことの一つ目に、六年前と比べると英語に対して余力ができたと思いました。大学四年生の時に 755 点をとった時は、TOEIC のためだけに勉強して、なんとか取れた印象がありました。今回の 840 点は、卒業後の六年間につみあげた英語を TOEIC のために調整して取れた印象がありました。毎日何かしら英語にふれることを心がけていたので嬉しい結果でした。

二つ目に、試験勉強をすると、英単語や熟語をちゃんと覚えようとすることに気づきました。点を取りたいので 笑 その効果があったのか、試験後は、普段送られてくるビジネスメールや技術文章を読みやすくなりました。「お。これ TOEIC ででたやつだ」といった具合です。時には試験勉強のようなしまりのある学習をして、メリハリをつけるといいなと思いました。

今後の学習方針

リスニングとスピーキングをのばしたい

目標の点数は取れたので TOEIC にフォーカスした学習はしばらくお休みします。今後はリスニングとスピーキングを重点的に鍛えようと考えています。リーディングやライティングと比べるとどちらも反射が求められるスキルです。

リスニングの目標は「実際のネイティブの会話」を八割聞けるようになることです。「実際のネイティブの会話」の例をあげると、TED のスピーカーの話、IT技術系カンファレンスのネイティブスピーカーの発表、サンフランシスコのバーでの客同士の会話といったものです。TOEIC のリスニングは九割のスコアを取得できました。聞き取れたのは全体の八割ほどだったと思います。TOEIC の英語が八割聞き取れるからといって実践的なネイティブの会話を同じくらい聞き取れるのかというと、私の場合はそうではありません。実は二割ほどしか聞き取れません。発表資料がある TED やカンファレンスは三角測量できるのでもう少し聞き取れますが、目をつぶって聞いてみると難易度がはね上がります。なぜ TOEIC の英語と比べて難しいのかを考えると、「実際のネイティブの会話」のほうが、早い、言い直しがある、崩しがある、表現が多彩、シーンが様々といった要因があるのかなと思います。

英語の四技能のうち、私はリスニングが一番苦手です。リーディングやライティングは反射を求められるシーンが少ないので自分のペースでやれます。話す時はかんたんな表現を組み合わせて話せば伝わります。ですが聞く時はそうはいきません。私自身が会話に参加しているなら聞き直せますが、リアルタイムで一方向なアナウンスや発表はそうはいきません。ベトナムのイベントで技術の発表をした時は、質問者の英語が聞き取れるかひやひやしました。何度も聞き直すのは申し訳ない 笑 そういった苦手意識を克服したいので、TED のリスニングをやっています。具体的な方法は別の記事で書こうと考えています。

ピーキングの目標は、決めていません 笑 ベトナムのイベントで発表した時に、もう少し流暢に英語が出てくるといいなと思ったのがきっかけです。TOEFL のスピーキングを主にやろうと考えています。

「実践、測定、座学」をやる

大学を卒業して六年間は「実践、座学」を繰り返していました。今回 TOEIC を六年ぶりに受けて、試験で測定することのメリットを感じました。これからは測定を含め、「実践、測定、座学」を繰り返して英語力をのばしていきたいと考えています。プログラマーとして英文を読んだり Gogengo! のコンテンツをつくることは継続しつつ、半年ほど TED のリスニング TOEFL のスピーキングをやってみて、その後 TOEIC Speaking/Writing テストか TOEFL を受けようと考えています。もちろん実践する場は積極的に見つけます。実践してなんぼです。

さいごに

学習法はざっと書いてみました。何かご質問などありましたらこの記事にコメントをいただけばできる限りお返事します。また英語の学習をテーマにツイキャスで生放送をたまにやっているので興味がありましたらのぞいてみてください。そちらでもコメントください。生放送でコメントがなければ Gogengo! のコンテンツをつくるゆるい雰囲気でやっています。そのうち TOEFL のスピーキングをひたすら垂れ流す生放送をやってみようかなと考えています 笑

英語ができると世界が広がって楽しいので、うまくなれるようにこれからも継続して学んでいきたいと考えています。まだまだこれからなのでがんばろう。

この記事が学習の参考になりましたらさいわいです :)

Gogengo! のロゴを新しくしました

前のロゴ

f:id:bekkou68:20151031052218p:plain

新しいロゴ

f:id:bekkou68:20151031052152p:plain

ということで

Gogengo! のロゴが新しくなりました!

2012年8月にGogengo!にリニューアルしてから約3年がたちました。@rui_darwin さんに「そろそろ今風にしたいね」と言っていただき、新しいロゴをつくっていただくことになりました。そしてこのたび新しいロゴに差しかえました。素敵にしあがっています <3 毎回感謝です。

Gogengo! は語源 (Gogen) で Go! を合わせた言葉です。新しいロゴは全体的に影をなくしてフラットにして go! の部分をポップで跳ねて楽しそうな印象になっております。前のロゴのイメージを崩さないことを意識しました。

差し替えた対象は以下のとおりです。ついでに右側に最近の数字をそえます。じわじわと増えております。

他に未対応の箇所がありましたら気づきしだい対応します。

ごあいさつ

何かお気づきの点がありましたらこの記事へのコメントなどでお知らせください。

約6年前に個人でリリースしてから少しずつサービスが成長して感慨深いとともに、Gogengo! を活用していただいているユーザのみなさまありがとうございます。

ひきつづき英語を学びつつ Gogengo! を一緒に育てていけたらと考えています。英単語の学習が苦手から得意に変わるようなサービスづくりを心がけていきます。これからも Gogengo! をどうぞよろしくお願いします :)

Gogengo! のグッズ販売をはじめました

Suzuri にて Gogengo! のグッズ販売をはじめました。

画像があればすぐにグッズを販売できちゃう、Suzuri、素敵すぎます <3

まずはオリジナルロゴを皮切りに、いくつかのバージョンを公開できたらなと考えています。

いい感じ! ロゴをデザインしていただいた @rui_darwin さんにあらためて感謝 :)

ちなみに、すべての商品一覧はこちらから見られます。

これからも Gogengo! をどうぞよろしくお願いします :)

初めてのベトナムめも

はじめに

初めてベトナムに行った時の感じたことなどメモ。

メモ

  • 食べ物
    • 野菜や果物の味が濃くておいしい
    • 例えば日本のドラゴンフルーツは味が薄いけど、ベトナムのは濃くておいしい
    • カスタードアップルおいしい
  • 電線が芸術的
  • 気候
    • 気候は夏の京都にもっと湿度を加えた感じ
    • 雨期では 1日に 1回はスコールが降る。スコールになると道路にほとんど人がいなくなる
  • 交通
    • 日本の交通量の多い大通りのような道路でも信号がないところが多く、バイクや車をかわしながら歩く
    • バイクの数がものすごい多い。タクシーの運転手が300万台くらいと言っていた
    • 2020年に向けて地下鉄が建設されている
    • タクシー
      • 初日にターボメーターの洗礼を受けるw
      • VINASUN や緑のタクシーは基本OK。初乗り1万VNDで20分で4万VNDくらいが適当
  • zenplaza は日本フレンドリーなビル
  • 街で英語はあまり通じない。少しでもベトナム語で話せたほうがいい
    • 「シンチャオ (こんにちは)」「カモン (ありがとう)」を最初に覚えた
    • 性別や目上かどうかで言い方が違って難しい (下記はネイティブに聞きつつまとめたのできっと合ってるはず・・)
      • 「チャオアン」: 目上の男性
      • 「チャオチー」: 目上の女性
      • 「チャオエン」: 目下の両性
      • 自信がないなら「シンチャオ」
    • 「トイムンディーデン... (...へ行きたい)」。タクシーで
    • 「ヘンガプライ」: またね
    • ベトナム語六声ある! 中国語は四声
  • 服装は短パン & サンダルでだいじょうぶ
  • 金髪だと目立つw 現地で染めている人はほぼいない。染めてても茶色まで

おわりに

自然体でいられる、素敵な国です :)

あわせて

サンフランシスコに仕事で行ってきた時のメモ

Scrum Gathering Vietnam 2015 で発表したふりかえり

はじめに

Scrum Gathering Vietnam 2015 というイベントでスピーカーをしてきました。国内外を含めてカンファレンスで発表した経験は初めてでした。ふりかえりをつれづれと書いていきます。個人用メモです。

KPT

よりよい発表のために。

  • ベーシックを意識して段階的に話す試み
  • 定期的にリスナーと対話するの大事
  • 最後のイントネーションが上がる癖を直す (特に気持ちが高ぶると上がりやすい気がする)
  • リスニングを鍛えねば
  • 問いかける感じで間を持たせるテク
  • アジャイルサムライ本体を持っていくとよかった
  • サムライの格好をするw

次に活かそう。

カンファレンスつれづれメモ

  • Scrum: Inspect, Adopt, Transparent
  • マーケティングに Scrum を適用する例
    • それぞれのストーリ(施策)に優先度をつけて実行してKPI測量する
    • 開発でないアジャイルのお話で面白い
  • 要件・仕様・タスクの意識が大切
  • 目的に合わせたツールを使おう
  • 前頭葉は判断を下す役割を持ち、エネルギーをたくさん使う。ペアプロ, ポモドーロテクニック, 絵を描くなどして判断の負荷を減らして他の作業に使おう
  • ツール
  • Scrum の起源はたくさんある
    • Toyota Production System
    • Kaizen の起源は Training with Industry
  • 英語はエスペラント言語の目指す方向へ進んでいる感じ
  • 生産性を数字で図るのは現実感がない。例えばチームメンバーが楽しくちゃんと成果を定期的に顧客に届けるサイクルができていること、それをもって生産性が高いといっていいのではないか

I Made a Presentation at Scrum Gathering Vietnam 2015

f:id:bekkou68:20150602122834j:plain

Introduction

My friend, Kiro said "How about talk in Scrum Gathering Vietnam 2015 ?" to me. And I applied to CFP and it passed!

I went to Vietnam and made a presentation on 5/29.

It was the first time to go to Vietnam, and was the time to be a speaker of conference.

My Presentation

A purpose of my presentation is "sharing my experience to spread Agile Samurai *1 mindset to fast growing organization", and the following is slide.

In the first, there are 5 audiences, but finally it became 50 in about 15 mins, so I'm really amazed :O And in and after my presentation, many audiences asked me to many kinds of thinks so I'm really happy :)

f:id:bekkou68:20150602122951j:plain

At the same time, I can refine my presentation more and more, so I'll continue to do a lot efforts. It's great experience for me!

I also got a kind support by organizers. Thank you very much :)

In the Last

f:id:bekkou68:20150602122755j:plain

I'm happy and proud to attend and speak in the first held conference in Vietnam :)

During my presentation, I heard many people googled Agile Samurai. It's hot if Agile Samurai become a hit book in Vietnam as Japan.

Thank you very much for everyone in the Scrum Gathering Vietnam :) :)

f:id:bekkou68:20150529174017j:plain

f:id:bekkou68:20150529174814j:plain

*1:Agile Samurai is a book covers agile mindset and skills widely with easy expression. The author of Agile Samurai, Jonathan Rasmusson, would like to summarize 7 Agile books. So it is nice to read for not only people who is already knows agile but also people who doesn't know agile. In Japan, Agile Samurai sales about 30,000 copies. Japanese IT hit books can be said 20,000 copies so Agile Samurai is one of the big hit books.

Scrum Gathering Vietnam 2015 CFP申請通過メモ

はじめに

CFP申請通過した時の文章を残します。

通過時点の文章なので、本番では多少の変更点があります。

この記事を書いている時点で発表は終えてます。まとめ記事をあとで書きます。

Short biography

I'm a programmer, project manager, and agile practitioner. I develops smartphone applications with Objective-C and Rails, and am a one of a co-translators of Agile Samurai wrote by Jonathan Rasmusson and it sells about 30,000 copies in Japan.

Topic

Our Endeavor to Spread Agile Mindset to Fast Growing Organization

Short topic description

A company which I belongs to is growing fast. Therefore it becomes to have a lot of problems. To tackle them, we formed a special team. One of our effective done activities was to read Agile Samurai. Through the activity, we could share agile mindset among members involving non-programmers. Finally, the group becomes a place to set the stage for doing each member's action.

Goal of the session

Sharing my experience of spreading agile mindset to a fast growing company.

Type of topic

Scrum Applied

Speak types

Presentation

Session duration

30 mins

Outline

How can a fast growing organization adopt agile?

I'll share my half-year experience of spreading agile mindset to a fast growing company. IGNIS LTD. where I work is a smartphone application development company and has grown from 30 people to more than 100 people within these two years. The number of concurrent running projects has changed from around 5 to 25. The term of projects is becoming longer to develop some products which make a stable benefit. Our situation is becoming remarkably complicated.

Therefore we have many problems, for example, some team members are suddenly assigned another project without an agreement between both projects and it gives them a serious confusion, some team members misunderstand definition of DONE and it causes communication mismatch, and so on. Transferring mindset and skills to run long-term project as a team was the biggest problem we've faced.

Applying agile methods to a fast growing organization has different kinds of difficulties compared to doing that to a stable organization. As you know, developing smartphone applications involve various roles including producers, designers, and programmers. To tackle the problem, we formed a special team named "Agile Guild" in October 31, 2014.

Agile Guild has done many activities for half a year. One that was effective was to form a group reading of Agile Samurai. Agile Samurai by Jonathan Rasmusson covers wide variety of topics related to Agile, and it was useful to invite non-programmers to the group. I'll talk about tips how to involve non-programmers to these activities with the experience of organizing reading groups.

Agile Guild is still actively working to spread agile mindset. I hope I can share some of the recent activities too.