bekkou68 の日記

Gogengo! や IT 技術など。

Gogengo! Meetup #5 をひらきました

はじめに

開催の趣旨やスタンスは『Gogengo! Meetup #1』に書きました。

当日の様子

やったこと

参加者

2 名 (@uu_ka, @bekkou68)

開催日

2017/06/18 (日)

開催場所

ひきつづきBlabo 社のオフィスをお借りしています。感謝!

広告を非表示にする

Gogengo! の掲載語数が 1,400 語になりました

新しく 100 語の英単語を追加し、合計 1,400 語になりました。追加した英単語はこちらからご覧になれます。

http://gogengo.me/news

一見関係してなさそうな英単語が同じ語源だと気づくと嬉しいものです。アルバムとアホウドリ。アリバイと else。さらには、hospital「病院」と hostile「敵意」、acrobat の bat と base。などなど。

こちらからそれぞれの語源をご覧になれます。

アルバムとアホウドリ

http://gogengo.me/roots/425

アリバイと else。

http://gogengo.me/roots/433

hospital と hostile。

http://gogengo.me/roots/491

acrobat の bat と base。

http://gogengo.me/roots/490

f:id:bekkou68:20170620002455p:plain

広告を非表示にする

Gogengo! をローンチして八年が経ったので、ふりかえりを兼ねて、思いやインセプションデッキを公開します

(最終更新日: 2017 年 11 月 10 日)

6 月 3 日をもって Gogengo! をローンチして八年が経ちました。八年やり続けて、Gogengo! が何なのかがまた少し見えてきた気がします。

ふりかえりを兼ねて、インセプションデッキを公開します。(インセプションデッキはこの記事に書いていましたが、2017 年 11 月 10 日に別の記事で公開するように変更しました)

こういう思いや背景で Gogengo! を続けてきました。

このドキュメントは「なぜ Gogengo! を続けるのだろう」、「なぜ Gogengo! はたのしいのだろう」、「本当にやりたいことはなんだろう」、そういった問いに対する自分のよりどころとなっています。

八年やっていると、本当にこれでいいのか、と思う時もあります。今は、これでよかったんだ。と思えます。次の五年間でやりたいことも定まってきました。これからもたのしみです。

Gogengo! は、生き方であり、自己表現であり、ともに成長し合える仲間なのだなと思います。

何が変わっていき、何が変わらないのか。やり続けていくほど、見えてくるのだと思います。

Gogengo! を考え出した八年前の自分に感謝。続けている自分に感謝。

支えていただいているすべてのかたに感謝。

ひきつづき、たのしんでいけたらと思います。

広告を非表示にする