読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bekkou68の日記

開発しているサービス, IT技術, 英語など。

鼈甲の自動車学校事件簿 - The Bekkou Driving School Case Files

Diaries

※この文書は、多少脚色があるかもしれませんが、2008 年 5 月 3 日 (土) のノンフィクションストーリーです。

自宅のアパート。朝、午前四時半。どうやらいつも通り、いつの間にか床に就いて、いつの間にか目が覚めていたらしい。
At my home, the apartment. In the morning, at 4 a.m and a half. It would seem I've gone to sleep, and I work up without realizing.

さんさんと大地を照らす太陽の光と鳥のさえずる声が、カーテンの隙間を通って漏れてくる。
The light of radiant sun shines down the earth and the twitter of birds come in through a gap in the curtains.

春にしては少し蒸し暑い天候だ。まったく、太陽はもう少し空気を読むべきである。太陽もまた私のように、AKYな存在なのかもしれない。
What a little muggy temperature for spring. The sun must sense the atmosphere some more. perhaps the sun is AKY (don't read between the lines purposely) as I.

スパイスの効いた春の陽気の中、私はしばらくの間ぼうっとしていた。
In the spicy spring weather, I'd been without thinking.

心地よい暖かさの中、しばらく時の流れに身を委ねていたことに気づいていなかったようだ。
It seemed that I did not sensed I've devoted myself to the flow of time for a while, in the comfortable warmth.

その時だった。
At that time.

「に~っこにこどうがっ」
"Niicco nico video."

「!」
"!"

時報だ。
The tone.

どこから聞こえてきたのかはよく分からなかったが、恐らく、左右上下の何れかの住人から発せられたものであろう。
I couldn't realize from where did that come from, but, maybe, from the resident lives in left, right, upper, or lower.

「ナカーマ……」
"pieer..."

そう心の中で呟いた後、ぼうっとしていた心に喝をいれ、朝の支度に取り掛かった。
After muttering in my mind, I stirred my heart and did my morning preparation.

今日は、大学でグループ課題を処理し、教習だ。
Today, first, I'll do my group assignment in university, then, have driving school.

家でゆっくりしていったり、ネットサーフィンをしつつ次元転移の術を使いたいという気持ちはある。
I feel I'd like to be relaxed or exert dimension transmission magic during the internet surf in home.

しかし、タスクがある、やるべきことがあるということもまた幸せなことなのだろう。
But, I think it is happy that I have the tasks and things must be done.

そのタスクが終わった後の楽しさは、また格別なのである。
The happiness after the tasks done, it makes me special feelings.

……。

ブログの更新をした後、午前十時、グループでネットワークのプログラム作成課題を行うため、大学に行く。
After updating my blog, at 10 a.m., I went to university to do network programming group assignment.

人と約束でもしない限り、こんな朝早くに外出することは少ない。
I rarely go out such an early morning without promising to some people.

時間を有効に使っていると感じるので、感謝である。
I must appreciate that I feel I effectively use time.

もわもわする空気を自転車でさっそうと駆け抜ける。ジャンパーを着用したことに猛烈に後悔しながら。
I rushed away by bicycle in muggy atmosphere with regret I wore my jumper.

……。

大学に着き、演習室にてメンバーと合流。
I arrived the university and joined member at an exercise room.

グループで課題を行うことは、沢山のメリットがある。
There are a lot of merit to do assignment with group.

モチベーションを共有することができる。意見を出し合うことにより、物事を考える視野を広げることができる。
That is we can share motivation and expand our view to consider something.

そして何より、わいわい騒ぎながら物事を進めていくことは楽しいことである。
Most importantly, It is interesting to progress something with chatting.

午後二時半頃。
About 2:30 p.m.

さあ、自動車学校の時間だ。
Now, this is time to go to driving school.

メンバーに別れを告げ、いざ出発。
I said goodbye to member. And let's go!

……。

午後三時、自動車学校の学科の開始である。
At 3:00 p.m., it's a beginning of driving school lesson.

学科は、学校の二階で受ける。
I have the lesson on second floor.

今回は、仮免の修了テスト (模擬) に挑戦した。
I challenged a pass-through test (mock) of temporary license.

学科七割終了、ノー勉強の状態で、見事 74 点という好成績を修めた。
I got a 74 points on such condition that I finished 70 percent of lessons and had no studying for it.

なお、「90 点以上取得してから、仮免試験に挑戦してください」と説明書きにあったことは、この場では言及しないことにする。
FYI, I do not mention that the note said "Please take exam of temporary license after you get 90 points."

全くもって、いやらしい問題がとても多い。テスト作成者は、ニヤニヤしながら問題を作成するような陰湿な性格に違いない。
Anyway, there are many strange problems. Test creators must have a damp and shady character as thinking problems with smile off their face.

もっと素直に生きることをお勧めしたい。
I strongly recommend that "live with more honest" to them.

……。

午後五時から、学科があった。
I have a lesson from 5:00 p.m.

追い抜きと追い越しについてだった。
It was about over-taking (overtake a car without changing course) and passing (pass a car with changing course).

賢人たちはさぞかし悩んだ末に、これら二つの微妙な違いを持つ言葉を考えたのだろうな、と考えていたら、学科が終わっていた。
Wise people must have considered the two of words, have a little difference, with deep consideration

午後六時、学科終了。
At 6:00 p.m., the lesson have done.

「さてさて、吉野家にでも行こうかな」
"Now, I feel to go to Yoshinoya."

「でも、少し眠いから、かるく仮眠でもとろうかな」
"But, I'm a bit sleepy, so I'd like to have a nap."

……。

…………。

……………………。

……………………。

…………。

……。

午後七時、目が覚めた。
I woke up at 7:00 p.m.

「あ、少し寝すぎたかもしれないな」
"Um, I've just overslept."

赤みがかかった空を眺めながら、そう呟いた。
I muttered viewing reddish sky.

空の色は、人間がどうやって絵の具で表現しようとしても、表現しきれないような奥深さがある。
The sky color has depth, which we can't express even though human beings use paints.

それが、自然という、とてもでっかい存在なのだな。と、感慨にふけっていた。
I was impressed as that is nature, a big existence

(もしここで、何だこの中二病は。と思った方がいらっしゃったら、その方は、心が歪んでいるとしか言いようがない。心を真っ直ぐにするために、毎日空を見上げることを強く勧める)
(If there are any person who think "what a Tyu-ni-byou (slang of metaphor; when you regard characteristic language and behavior, which is most common in early adolescence of juvenile boy) you are, as illness", in this part, he's heart must be distorted. To become his heart straightforward, I strongly recommend him to look up the sky every day)

「そうそう、吉野家吉野家
"Ah, now, just Yoshinoya."

自然の大きさへの感銘に満ちていた心の中は、空腹というインターセプタにより、吉野家で埋め尽くされた。
My heart, satisfied with impression to bigness of nature, was filled with Yoshinoya by the interceptor as hungry

一階へと伸びている階段をさっそうと駆け下りる。
I rush down the stair with stretch to first-floor.

やがて、気づく。
Later, I realized.

部屋の全ての明かりが消えていること。
That all lights of rooms are turned off.

そして、人の気配が全くしないということに。
And, there are no sign of human presence.

……。

ざわ……ざ……ざわ…………
Murmur...mur...murmur...

「……なるほど」
"...I see."

私は、数秒で現状を把握した。
I got a situation in several minutes.

「取り残された……」
"I was left..."

そう、私が二階で寝ている間に、自動車学校が閉められていたのだ!
As you imagine, in I have slept on second-floor, the driving school was closed!

それを自覚した瞬間、張り巡らされたニューロンに大量のシグナルが駆け巡る!
At the moment I realized that, a massive amount of signal raced around my networked neurons!

瞬時に、様々なストーリーが脳内で展開された。
Immediately, a lot of stories expanded in my brain.

ポジティブなものからネガティブなものまで。
Between positive and negative.

数分の間、思考することで精一杯だった。
For a while, it was my best to only consider that things.

「……考えていてるだけでは何も始まらない」
"It is no use to only think about it."

まずは、行動するしかない。
In the beginning, I have to have an action.

……。

考えた、最良のストーリーは、二つ。
I thought the best 2 stories.

A. 常駐している警備員などに相談することによって解決
A. Resolve by consulting a kind of security

B. 同じ系列の自動車学校に電話し、現状を話して解決
B. Resolve by calling a driver school of same branch

A、失敗。
A was failed.

各階をくまなく探すも、どなたもいらっしゃらなかった。
I couldn't find anyone even though I search for each floor.

「無人であると言わざるを得ない」
"I should say there is no person."

捜索中は、夜の学校を探検しているような気分だった。
I felt finding in the driving school as taking a risk at night school.

不安もあったが、「学校の怪談」のような非現実的な事象に巻き込まれないかという期待もあった。
I had an anxious but expectation that I have a unrealistic phenomena as "Scary Story of School".

その期待は、もちろん粉々になり、風と共に散っていった。
Of course, that expectation was broken, and was blown about by the wind.

そう、ここは三次元なのであり、うつつなのである。
Yes, here is 3 dimensional and is real.S

B、失敗。
B was wiped out.

同じ系列の自動車学校に電話をしてみたが、そこもすでに無人と化していた。
I called to driving school of same group, but that is already unmanned.

「電話に誰もでんwry」
"Denwa ni Daremo Denw (omitted)." (It is omitted expression of "Denwa ni Daremo Denwa (No one answer to my call)". The first Denwa is phone, and second one is no-answer. So, it is a kind of joke of homonymy)

……。

「……詰んだ \(-ω-)/」
"...I clashed to big wall."

確信した。
I persuaded myself.

事態を穏便に解決するための二つのストーリーは、まんまと打ち砕かれた。
Those of two stories, which allow me to go away problems quietly are shattered.

その集合からはずれる、二つのストーリーが脳内にあった。
I have more two stories, not included by that set, in my brain.

C. こっそり鍵を開けて、自動車学校から脱出する
C. Escape driving school by opening the key secretly

D. 警察に連絡して、現状を知らせる
D. Reach to police, then notice this situation

C、あり得ない、常識的に考えて。
C is useless, considering in common-sense terms.

これを行った場合、以下の二つのストーリー展開が考えられる。
If I do this, the following stories considerable.

1. 泥棒が入ってしまい、大騒動になる
1. Some theft invade, and it becomes bustle

2. 後日、鍵をかけ忘れていたことによる責任が誰かに問われる
2. Someone is called in question who had a responsibility to lock the key

(ちなみに、自動車学校はゴールデンウィークの三日間は休みなのだ)
(FYI, the driving school closed during 3 days of golden week)

1 と 2 は、ほぼ if と else の関係といえよう。
I can almost say a relationship between 1 and 2 is if and else.

どちらか一方は必ず起こりうる。
Either must be happened

よって、C は却下である。
Then, C is refused.

D はどうか。
How about D?

合理的といえば、そうだ。
If I am asked whether it is rational or not, I'll answer it is yes.

上記ストーリのうち、解決できる可能性や安全性が一番高いのは目に見えている。
It is clear that D is the highest possibility and safety to resolve among the above stories.

ただ、多大な迷惑をかけることになることも、同時に。
But, simultaneously, I'll give much trouble to a lot of people.

……。

外を走る車と、中にいる私では、とても同じ現実にいるとは思えなかった。
I couldn't thought I being in here and car running outside are in same real world

薄暗い景色の中を軽快に動くライトを、流し目で見ていた。
I casted a sidelong glance to lights moving lightly in a little darkish scene.

「もう、なんだろうこれ……」
"Uh, what on earth..."

その時の私は、多少自暴自棄になっていた。これでは危ない。
In that time, I am in self desperation a little. It's dangerous

そこで、友人に電話をかけて相談することにした。
Now, I call to my friend to consult

第三者の意見を聞くことは、異なる角度の見解を得られたり、自らの頭を冷やすことにも繋がるから良い方法と言えよう。
Hearing the opinion of third person is good method, 'cause I can get the differ angle of view of thinking and cool down my mind.

数コールで出てくれた友人に、感謝した。それは私に安堵感を与えてくれた。
I very appreciated my friend answer to my calling by only several calls. It gave safety to me.

現状を伝えたら、友人はだいぶ面食らった様子であった。
When I talk my current condition to him, it seemed he got confused.

しかし、取り乱すことなく話してくれたことが、また嬉しかった。
But, I also happy that he consulted me without upset.

詰んだことを伝え、C と D の方法があることを伝える。
I told I hit the wall and there are two methods, C and D.

……十分ほど話した末、結論に達した。
...I finished to end to conclude after considering 10 minutes

その結論とは、やはり、そうだ。
As the conclusion, following, yes

D しかない……。
Only I have to do is D...

……。

110。
110.

メール受信時 (pop3) に使用するポート番号ではない 110。
110, but port number used mail transmission (pop3).

泣く子も頼る、110 番である (うまいことを言ってしまった)。
110, relied on crying child (oh, I said nice expression).

友達にお礼と別れを告げて電話を切る。そして、
I told thanks and goodbye to my friend, and ended calling. Then,

「1、1、0」
"1, 1, and 0."

戸惑っていても解決するわけではないので、素早く 3 つの番号を打ち、コール……!
I quickly typed 3 number, 'cause it is no use to be in hesitate, and I called...!

私の頑張り物語の始まりであった。
That was the begging of my tenacious story.

……。

トゥルル……ガチャ
Calling...click

ワンコールで警察の方が出られた!
A police answered at one calling!

「事件ですか事故ですか」
"Incident or accident?"

「!……」
"! ..."

どちらなのか? いや、どちらでもないような気がする!
Which is it? No, uh, I feel both of them aren't matched!

予想GUYな質問をされ、一瞬で落ち着きが崩されてしまった。
I was asked a unexpected question, so my mind was gone somewhere.

数秒間の間、頭の中が真っ白になった。
My brain went completely blank for a several minutes.

「あ、ったっ……たっ…………」
"Ah, a, si, ..., sim,..."

日本語でおk。といわれても仕方ない返答をしてしまう始末!
What a bad response, can be said *"Japanese is ok."!
"Japanese is ok." means "Please use understandable Japanese."

「落ち着いてください」
"Please relax."

混乱した脳内という真っ白いキャンパスを、現実と言う色で染め上げる!
I colored over my confused brain as whited campus with real!

「た……端的に申し上げますと、自動車学校に閉じ込められ、身動きが取れない状態です」
"S... Simply speaking, I was locked in driving school and am hung up."

「……?」
"...?"

「……」
"..."

……。

現状を一通り申し上げた。
I told about ordinary story.

「……なるほど、分かりました。警官がそちらに向かいますので、待機してください」
"...Um, I see, got it. Now some of us will go there, so please wait for us."

「ありがとうございます。ご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。それでは、よろしくお願いいたします」
"Thank you for your kind response. I'm really sorry I caused you so much trouble. Thank you in advance."

ガチャ……ツーツーツー…………
Click...beep, beep, beep...

「……ふう」
"... Well."

携帯電話をゆっくりと切り、無機質に輝く蛍光灯を見上げた。
I hanged up my cell phone and looked up the fluorescent light bright coldly.

「何とかなりそうだ」
"I'll make it"

……。

……数十分後、二人の警官が、自動車学校にいらっしゃった。
...After the several dozens of minutes, the two polices came to driving school.

入り口の鍵を開けて、脱出!
I broke out by opening a key of entrance!

なんと空気のおいしいことか!
How great the taste of air!

まったく、たちの悪い脱出ゲームであった……。
What a terrible escape game...

ほっとした瞬間だった。
That the moment my mind was released.

……。

警官の方々とお話をした。
I told to the polices.

やはり、名前と住所を聞かれた。
All the same, I was asked my name and address.

なんだろうこれは。伝説、いや珍話として私の名前が語り継がれるという伏線であろうか。
Whaat is this? Is it a kind of foreshadowing that my name is handed down as legend, no, strange story?

それは、回収しなくて良い伏線であることは間違いない。
It is unmistakable that the foreshadowing mustn't be collected.

……。

かなり気になっていることがあったので、伺った。
I had a things I fell anxious so I asked that.

「今回のような事態の対応として、警察にお世話にならないようなより良い方法がありましたら、教えていただきたいのですが」
"If there are any better solution I don't own polices many obligations as response of this matter, could you tell me?"

すると、警官はこうおっしゃった。
Then, the police said that,

「今回のようなことがあるために、警察はあるからね。また同じようなことがあったら、連絡をしてくれてかまわないよ」
"Polices are being to deal with things as this time. If you have a problem likes this, don't hesitate to call us."

その言葉に、だいぶ私の心は救われた。
My heart was relaxed by his words.

十五分くらい、警官と色々とお話した。
For about 15 minutes, I told to polices.

免許取得の際と取得後の注意についてや、世間話など。
About notes after and before getting driver license, common conversation, and so on.

警官とじっくりとお話をすることは、初めてだったので、新鮮だった。
I felt some flesh to talk to them, 'cause it is the first time for me.

そして、終局。
Finally, the end of the story.

「それでは、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。そして、ありがとうございました」
"Well, I'm very sorry to make you having much trouble. And, Thank you very much."

「気をつけて帰ってね」
"Be careful to go back."

……そして、一時間と三十分前から望んでいた吉野家へ―――!
...Then, go to Yoshinoya, I wish to go before an hour and a half---!

……。

物語は、ここで大団円。
The story is denouement as here.

エピローグとしては、吉野家で知り合いの教授と会い、おごってもらったことだろうか。
As the epilogue, I met professor I know at Yoshinoya, then he treated.

……。

(完)
FIN.


以上、とても貴重な体験、鼈甲の自動車学校事件簿でした。
That's all of my precious experience, The Bekkou Driving School Case Files.

ゴールデンウィークは、これを書いていたら終わっていたような気がします。
I felt the golden week finished during writing this.

充実はしていたと思います。
I think it was fulfilling days.

以下は、今回記事を書いていて学んだことの一部です。
The following items are part of things I learnt I write this article.

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q147386869http://alcom.alc.co.jp/questions/show/1057

ここまで読んでいただきありがとうございました。
Thank you for your kind reading.

  • ω- =3