読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bekkou68の日記

開発しているサービス, IT技術, 英語など。

交通事故 - Traffic Accident

Diaries

2008年12月22日、朝7時半、雨。

December 22, 2008, 7:30 a.m., raining.

 

自転車で移動中、交通事故を目撃しました。

I saw traffic accident when I rode my bicycle.

 

眼前5メートルで。

It caused before me from 5 meters.

 



 

二台の自動車の衝突事故でした。

It was collision accident of two cars.



衝突後、自分の左右にそれぞれの車が滑るように進みました。

After crash, each car rolled through like slipping against my left and right.



車の破片が自分の足元に飛び散りました。

Car's parts are scattered out below my legs.



事故現場は十字路で、優先道路がどちらか分かりにくい構造です。

Place of accident was crossroad, which is hard to recognize "which is preference road?".

 



 

せめてもの救いだったこと。

The least help is that.



事故車の運転手の意識があったこと。

Driver of damaged car remained conscious.



巻き込みや炎上などの二次被害が無かったこと。

There are no second damage, for example, engulfment and fired up.



周りに沢山人がいて、迅速に対応できたこと。

We can deal with fast by many people.

 



 

想像するとゾッとすること。

Scared things, when I imagine.



数メートル前を自転車で走っていたら巻き込まれていた。

If I run through more several meters, I will be engulfed.



晴れていたら、よりスピードを出して衝突していたかもしれない。

If it was clear day, they may be collided faster.

 

通学中の学生たちが沢山いたら……(事故現場では、通学時間で、通学路でした)。

If there are a lot of students to commute...(in scene of accident, it was commuting time and school road).



e.t.

 



 

心理学でいう「第三者効果」のような考え方は、危なiと思いました。

I thought "Third Person Effect" of phycology is dangerous think.



(第三者効果というのは、「自分だけは例外だ」と考えることです)

(Third Person Effect is that thinking "I'm exception".)

 

交通事故は誰にも起こりうることなので、走行中は細心の注意を払わなければいけません。

We have to pay attention while driving, riding and walking, 'cause traffic accident have possibility to be caused for all people.



でも、当たり前を当たり前にすることは、とても難しいことかもしれません。

But, it may be difficult to be of-course become of-course.

 



 

あの道路近辺を良く通る方々に、注意して通るようにと伝えたいと思います。

I'll tell people, who often pass through that road, to be careful to do.

 


  • _- 目に焼きついた光景と、ぶつかった時の独特の臭い