読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bekkou68の日記

開発しているサービス, IT技術, 英語など。

チョコレート × 逆 - Multiply Chocolate by Reverse

Diaries

はじめに - Introduction

「逆」という発想は、非常に面白いものです。例えば、文章の意味を逆にしたり、逆の立場になって考えてみる。などなど。
An idea of "reverse" is very interesting. For example, make meanings of sentences backward, think on an opposite side, and so on.

チョコレートと論理 - Chocolate and logic

さて、今年は、誰かが「逆」という発想をチョコレートに適用してしまったみたいですね。
Now, this year, someone seemed to apply idea of "reverse" to chocolate.


まあ、誰がどうしようが、私にはあまり関係の無いことなので、利益も損害もないですが(そんな目で見ないてください)。
Well, whether someone do or not, I have nothing to do with it so there are no profit and damage (Please don't see me like sad eyes).


しかし、解せぬことがあります。
But, there is thing I can't understand.


チョコレート業界は調子に乗りすぎているだろうということです。
Chocolate market is too excited.


友チョコや家族チョコなら、女性を中心として盛り上がっているという意味で、2525歩くらい譲ってOKとしましょう。
I'll give OK sign to "friend chocolate (Women give chocolate to her friends)" and "family chocolate (Women give chocolate to her family)", 'cause women are the center of warming-up people.


しかし、逆チョコという女性→男性という流れのバレンタインデーの根底を覆し、かつ渡す人対象カバレッジ100%(男女をカバーしているという意味で)という破天荒ぶりはどうなのでしょうか。
But, how daring "reverse chocolate (Women give chocolate to men and men also give it to women)", which levels in the dust of valentine's base of stream between women to men and covers 100% (meaning that it covers men and women) of target of source presenter, is it!


全くやってくれますね。
What a astonishing job.

カバレッジ100%の有効活用 - Effective use of coverage 100%

しかし、このカバレッジ100%を有効活用する目のうろこが落ちる方法があります。
But, I found the great way to utilize coverage 100% effectively.

パレンタインデーをぶっつぶせ! - Keep Crazy;shi3zの日記


あなたが策士という名の紳士ならば、やってみてください。
If you are gentleman named tactician, just do it.


散々持ち上げた自分は、やりませんがw (まさに外道!)
I, lifted up this topic, will not do it :D (What a bad boy!)


今後 - In the future

逆チョコがあるのなら、否チョコが出るに違いない!
If there is "reverse chocolate", they must publish "not chocolate"!


チョコレートだけじゃなく、すべてのお菓子を渡してもOKみたいなことになるに違いない!
I'm sure it'll just become such situation that not only chocolate, but also all sweets allowed!


否チョコがあるのなら、対偶チョコもあるに違いない!
If there is "not chocolate", they must go public "contraposition chocolate"!


本質的には女性から男性にチョコレートをあげることには変わりないけれど、本質的でないような萌えキャラクターがパッケージに導入されて量や値段が微妙に高くなっているチョコレートが売り出されていくに違いない!
It is not changed essentially like women give a chocolate to men, but chocolate, which has package introduced not-essential cute character, must be sold!


ああ、違いない違いない!
Ah, it must be must be!


絶望した! 暴走し続けるチョコレート業界に絶望し(ry
I was disappointed! I was disappointed with burning-up chocolate mar (cut


最後に - In the end

今日は、ただの休日です。
Today is just holiday.


−ω− Brain.new(self).melt?(Nicovideo.find_by_video_id!("sm2159328")) #=> true