読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bekkou68の日記

開発しているサービス, IT技術, 英語など。

逆友チョコ - Reverse Friend Chocolate

Diaries Nicovideo

はじめに - Introduction

昨日、バレンタインデーという名の休日に、後輩(男)の家に遊びに行きました。
Yesterday, the holiday named valentine day, I went to my junior's home to play with him.


開発の環境構築(Java + S2JDBC + SAStruts + Dolteng e.t.c. on Eclipse)とか、DB設計の導入とかの話をしてきました。あ、あと、アニメの話とかw
I talked with him about environment setting of development (Java + S2JDBC + SAStruts + Dolteng e.t.c. on Eclipse) and introduction of DB design. Ah, and anime :)


そして、なんと、その後輩がチョコレートケーキを作ってくれました!
And, what a surprising story, he made a chocolate cake to me!


な、なんだってーっ!!!
Wha, what on earth!


そんなにホイホイ作ってくれちゃっていいのかい?
How dare you have a brave to make it.

調理 - Cooking

以下の動画を参考にしていました。
He referred the following video.


D


自炊グッズが次から次へと、出てくる出てくる。自炊スキルの高さに驚きました。
He used goods of self-catering in waves. I was really impressed with his high self-catering skill.


おお、膨らむ膨らむ。
Wow, it rises and rises.



そして、完成!
And, it completed!



包丁で切った後の写真は取り忘れましたw
I forgot to take picture of cake cut by food chopper.


(゜Д゜)ウマー
Yaaam!

バレンタインの新概念 - New idea of valentine

今まで、友チョコ(女性→女性の友達)、家族チョコ(女性→女性の家族)、逆チョコ(男性→女性)という概念はありました。
Until now, there are ideas of friends chocolate (Women to women's friends), family chocolate (Women to women's families) and reverse chocolate (Men to women).


ですが、ここで、(男性→男性)という新たな概念が生まれました。
But, now, new idea, (Men to men), was born.


さあ、この概念に名前をつけましょう。
Boy, let's name this idea.


普通のバレンタインは(女性→男性)です。”逆”を(男性→女性)と定義しましょう。”友”を(渡す人の性がAならば渡される人の性もA)と定義しましょう。
Normal valentine is (Women to men). Define "reverse" as (Men to women). Define "friends" as (If giver's gender is A, then receiver's gender is A).


すなわち、(男性→男性)は、逆友チョコ!
Thus, (Men to men) is REVERSE FRIENDS CHOCOLATE!


こ、これは……流行る。
Wow... it must run rampant.


傷をなめ合うライオンが脳内に浮かび上がりますw
I thought up on my brain that lions they are licking each wound :D


来年、チョコレート業界はこの手でくるに違いない!
Next year, chocolate market must use this method!


バレンタインデーの「渡す人&渡される人カバレッジ」が100%になる日も近い!
The day, "Coverage of giver and receiver" become 100%, is closing!


間違いない!
It's just all right!


絶望しt(ry
I'm disap(cut

最後に - In the end

作ってくれた後輩、ありがとうw
My junior, thanks for making it :)


−ω− まさか、あの方が来日するとは。仕方ないね。