読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bekkou68の日記

開発しているサービス, IT技術, 英語など。

Titanium + CoffeeScript 環境をいい感じに整える w/ Guard, Vimプラグイン

Titanium CoffeeScript

ゴール

  • CoffeeScript が動作する
  • guard で CoffeeScript が自動でコンパイルされる
  • Vimプラグインで CoffeeScript を快適に編集できる

CoffeeScript をインストール

Node.js のインストール

Node.js をダウンロード(http://nodejs.org/)。

$ tar xvzf node-v0.x.y.tar.gz
$ cd node-v0.x.y
$ ./configure
$ make
$ sudo make install

(数分で終わった)

npm のインストール

root権限でインストール。
【注意】npm のライブラリはみんなが自由にアップロードできるため、セキュリティホールがあるライブラリが含まれる恐れがある。なので root権限ではインストールしないように推奨されている。リスクを承知なら下記のインストール方法で OK。参考(http://sakuratan.biz/archives/3101

$ curl http://npmjs.org/install.sh | sudo sh
CoffeeScript のインストール
$ sudo npm install -g coffee-script

CoffeeScript を自動コンパイルさせる

参考(http://higelog.brassworks.jp/?p=1588

以下の Gemfile を Titaniumのルートディレクトリ(Resources/ があるディレクトリ)に配置。

source 'http://rubygems.org'

gem 'guard-coffeescript'
gem 'rb-fsevent'
$ bundle install

以下の Guardfile を同じように配置。

guard 'coffeescript', :input => 'coffee', :output => 'Resources', :bare => true
# :input の coffee/ 配下のファイルは :output の Resources/ 配下にコンパイルされる
# :bare => false だと Titanium で動かないことがあるらしい

ウォッチ開始。

$ guard

これで CoffeeScript を編集すると自動的にコンパイルされる。

CoffeeScript 編集用の Vimプラグインをインストール

インデントやハイライトなど。
http://github.com/kchmck/vim-coffee-script

最後に

快適な Titanium + CoffeeScript ライフをお楽しみください!