読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bekkou68の日記

開発しているサービス, IT技術, 英語など。

『Working with Unix Processes』の Processes Have Names を読みました

Unix 勉強会

はじめに

Processes Have Arguments の続きです。

メモ

プロセス間で連携するときに使える情報は2つあり、それらはプロセス名とエクジットコード。プロセス名はだぶることもある。プロセス名は Resque で活用されている。

やってみた: プロセス名が変えられることを確認

screen のタブA で irb を起動します。
タブB で ps を実行します。

$ ps | grep 'irb'
14361 ttys004    0:00.29 irb

irb のプロセスが立ち上がってます。では、タブA の irb でプロセス名を書きかえます。

1.9.3-p194 :001 > $PROGRAM_NAME = 'hoge'

もう一度タブB で ps します。

$ ps | grep 'irb'
[何も表示されない]

なくなった!
ではでは hoge になっていることを確認してみましょう。

$ ps | grep 'hoge'
14361 ttys004    0:00.30 hoge

おお。プロセスID は変わらず、プロセス名が irb から hoge に変わってます!

分からなかった単語やフレーズ

  • inherent way: 特有の方法。固有の方法
  • neat thing: イケてる特長
  • intent-revealing way: 意図を明確に示す方法

感想

プロセス名が Resque でどう活用されているのかが気になります。あとのお楽しみだなあ。