読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bekkou68の日記

開発しているサービス, IT技術, 英語など。

Crashlytics でエラー監視するまでのセットアップ手順

エラー監視 Crashlytics

はじめに

Crashlytics でエラー監視するためのセットアップ手順をメモします。iOS/Android 両方に対応しているようです。無料です。

手順(2014年4月27日 更新)

  • トップページからアカウントをつくる
  • 利用開始までしばらく待つように表示された
  • 翌日に承認メールがきた
  • メール経由で Webへアクセスして XCode 用のアプリをダウンロード
  • アプリを起動してガイドラインにそって XCode へ導入(グラフィカルですごくわかりやすかった)
    • Crashlytics.framework や Run Script などを追加した
  • 実機で動作を確認(シミュレータだと動かなそうだった)※A
  • エラーが発生すると(数十秒後くらいに)管理画面が更新される。メールもあわせてくる
    • エラーが発生した行数や内容が見られて便利。issue を open/close して管理もできる
    • メモ: dSYM を含んだデータだから行数まで分かる
※A

AppDelegate.m(diff形式)

+ #import <Crashlytics/Crashlytics.h>

  - (BOOL)application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions
  {
      ...
      [self.window makeKeyAndVisible];

+     [Crashlytics sharedInstance].debugMode = YES;
+     [Crashlytics startWithAPIKey:@"YOUR API KEY"];

+     [[Crashlytics sharedInstance] crash]; // わざとアプリを落とすメソッド

      return YES;
  }

参考: Crashlytics is not sending Crash report from iPhone