読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bekkou68の日記

開発しているサービス, IT技術, 英語など。

Vagrant で CentOS6.5 のインスタンスをローカルで立てるまで

Vagrant chef

はじめに

Vagrant で CentOS6.5 のインスタンスをローカルで立てるまでの手順メモです。

参考

手順 (編集: 2015年5月15日)

必要なパッケージをインストール。

$ brew cask install virtualbox
$ brew cask install vagrant
$ brew cask install vagrant-manager

box (イメージ) はDiscover Vagrant Boxesから探せる。

$ vagrant box add chef/centos-6.5 # けっこう時間かかる

vagrant 用のディレクトリを適当につくる。

$ mkdir vagrant-server/
$ cd vagrant-server/

初期化する。

$ vagrant init

して Vagrantfile をつくり、

(※以降、vagrant コマンドは vagrant init したディレクトリで実行しましょう)

Vagrantfile を編集

Vagrant.configure(2) do |config|
  config.vm.box = "chef/centos-6.5"
  config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"
  ...
end
$ vagrant up

すると centosインスタンスがローカルに立ち上がる。かっこいい!

$ vagrant ssh

でログインできればOK。

cook したいので SSH でログインできるようにしましょう。

$ vagrant ssh-config --host vagrant_server

して出力されたものを ~/.ssh/config にコピペ。

...

Host vagrant_server
  <paste here>
$ ssh vagrant_server

でログインできればOK。

cook もできるよ

chef のディレクトリに戻り、

nodes/ 配下に vagrant_server.json を配置しておいて、

$ bundle exec knife solo prepare vagrant_server

として成功すればOK!

(成功すれば centos インスタンスの $HOME に install.sh といったファイルができている)

あとは煮るなり cook するなり。