読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bekkou68の日記

開発しているサービス, IT技術, 英語など。

『英語耳』『語源耳』の松澤喜好さんから Gogengo! へ語源データを提供していただけることになりました

Gogengo!

はじめに

このたび松澤喜好さんから Gogengo! へ語源のデータをご提供いただけるはこびとなりました。たいへんうれしく so excited な心境です :)

松澤さんのご紹介

松澤さんの書籍に『英語耳』『語源耳』シリーズがあります。累計部数は 80 万部をこえているのでご存知のかたは多いのではないでしょうか。語源や発音にフォーカスした語彙を効果的に高める方法がロジカルに書かれています。そして 40 年にわたって語源を研究されているかたでもあります。

さらに松澤さんは英語の講座もひらいています。最近だと自分は『単語耳 Lv.3』の講座に参加しました。英単語を発音しつつ語源や歴史をからめて英単語を学べる場でした。発音の大切さをあらためて確認でき、語源や歴史の知識も深まり、英語という概念をより立体的にイメージできるようになったと思います。講座の情報は松澤さんの運営する Web サイト『英語耳』からご覧になれます。英語をたのしく学びたいかたはぜひ参加してみてください。

書籍も講座もおすすめです :)

提供していただけるデータ

松澤さんはアルク社のウェブサイトで『語源辞典』や『語源コラム』を載せていました。松澤さんの著作物として無償で提供されていたそうで、知った時はおどろきました。情報量が多く造詣が深いコンテンツでした。しかしながら残念なことに、 2014 年 11 月 4 日にウェブサイトのリニューアルでそれらのコンテンツは掲載されなくなってしまいました。ショッキングな出来事でした。当時の Gogengo! User Group でも言及しました。

今回 Gogengo! へ提供していただけるはこびとなったのは、前述した『語源辞典』の元となるデータです。データはそのまま掲載するのではなく、Gogengo! らしい表現にチューニングしてご提供します。松澤さんの強力なデータが味方になってくれることで、より深く厚みのあるコンテンツになると思います。また、提供していただいた旨を『Gogengo! の参考文献』に書きました。

気持ち

松澤さんとは MPP という英語学習コミュニティではじめてお会いして、その後、何度かお話しさせていただくことがありました。今回のデータ提供は松澤さんからお声がけをいただいて実現しました。お話を聞いた時はうれしさと驚きなどが混ざった、なんとも言えない高揚した気持ちでした。2 か月ほど前に『Gogengo! をローンチして 7 年が経ちました』という記事を書きました。それに続いてこのようなお知らせができてとても嬉しく思います :)

Gogengo! を続けてよかった! と心から思います。

さいごに

英単語の追加もそうですし、新しいアプローチのコンテンツを近々リリースしようと考えていますのでお楽しみに :)

コツコツとよいものにしていきます。引きつづき Gogengo! をよろしくおねがいします。